スーパーカー(フェラーリ)とそれを買う人(家来)の話。

car-1281698_1280

イタリアに行くにあたって(詳細はこちらを)一部Airbnbを使うのですが「こんな人初めて(悪い意味でw)信じられない!」ってイタリア人に呆れられた話があったので書いてみます。

イタリア人に怒られた話

こちらの画像、見えますでしょうか。
私のやばい出川イングリッシュよりさらに上を行く、イタリア人ホストさんの酷い英語……はさておき(笑)

「but it is the first time〜」のところが今回のネタ。
%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%ae%e4%bc%9a%e8%a9%b1-airbnb

状況を説明するとAirbnbで問い合わせした人に駐車場との距離を聞いて遠かったので断ったらこんな返事が来たの図、です。
意味を意訳すると
「車より駐車場を優先するなんて、信じられない!こんな人初めてみたわ。
こんなに美しい街(フィレンツェ)なのに、車を優先して他にいくなんてありえないわよ」かな。

・フィレンツェの都心部は車の乗り入れ禁止(違反すると海外どこまででもしつこく罰金が追いかけてくるらしい)
・レンタカー移動なので駐車場が近い物件がいい
・フィレンツェの都心のホテルはバカ高い上に狭い
・しずかちゃん以上に風呂が好き過ぎるのでバスタブがない物件はイヤ(バスタブありにすると1晩予算300ユーロでも厳しい)

フィレンツェへ車で旅したことがある経験のある知り合いに聞いても1晩500ユーロもするようなホテルしか勧められないし……。
ここはひとつAirbnbを使ってみよう!と思い立ち。もちろん、レンタカーでフェラーリを借りるわけがないのですが、普段の癖でついお車様最優先で聞いてしまい。

いろんなホストにメッセして「駐車場と物件の距離は?屋根ある?セキュリティは?」などと聞いて、イマイチだったら「今回はフィレンツェ行くのやめとくよ、またの機会にね」的なお断りをしていたのです。(私の英文のやばさはスルー推奨)

そしたら「駐車場を理由に断るなんてありえない!(苦笑)」って言われてしまったわけですが、このブログを読んでくださる皆様には「いやいや、そりゃ駐車場優先でしょ!」って分かって頂ける方も多いのではないでしょうか?!

車>人

car-1281698_1280



といっても、車>人、という優先順位って一般的には「ありえない」って言われちゃいますよねー。この返信を受けて、ちょっと考えさせられた車と人の優先順位。

このブログに初めて辿り着いた方はこちらをお読みください


新しいサービスに手を出すのが好きなのでカレコなどのカーシェア、エニカなども割りと早い段階から使ってるほうかも。AirBnbも国内ではちょいちょい利用しているのですが、海外で使うのは初。

AirBNBで敷地内に停めさせてもらえるほうが街中に放置するよりはよほど安全で便利なのが最初に使い始めた理由なんですが、
Airbnbの良いところは、駐車場が敷地内にある物件が選べるのが最大のメリットかなーと思います。
ドコ行っても困るのが変に立体の狭い駐車場しかないホテルでポルシェNGだったりしますよね。「3ナンバーNG」とか平気で書いてあるし。
あと、ホテルや高級レストランのバレーサービスって個人的にはあまり好きじゃない。庶民過ぎて慣れないだけだと思いますが、あの人たちが絶対ぶつけない保証はないしなんか人に預けるのって怖いので毎回ドキドキするのが疲れるのがイヤです。
(って私より運転上手いに違いないけどw)目に入るところにあるほうが安心な気がして。

  • 駐車場は大丈夫そうか?
  • 雨は降らないか……?
  • 気温が高すぎないか……

普通は移動のための手段であるはずの車が、車が主役になってしまうという逆転現象が起きるのが、いわゆる高級車、というかスーパーカーやクラシックカーを所持することの面白いところかもしれませんね。

そして、そもそも「疲れるから遠出できない(!)」という代物。つくづく、「お車様」と家来みたいだよなあ〜と思う今日この頃デス。

雨の日に乗れない車

car-race-438467_1280

車のほうが立場が上になるかどうかって、決して車両本体価格の問題だけではないんですよね。
全然車の分類に聡くないので感覚で書いてしまいますけど、マイバッハやロールスロイスなど、あるいはベントレーやアストンマーチンなどのラグジュアリーな車は

「雨だと走らない」
「暑い日は走らない」

って感覚はあんまりないと思うんですよ。むしろ、雨の日や暑い日こそご主人様の送迎に大活躍!みたいな。

でも、フェラーリとかランボルギーニみたいな「スーパーカー」と言われる車やポルシェでも空冷など
いわゆる「クラシックカー」と言われる分類に近くなればなるほど、全く逆の現象になっちゃいますよね。

「雨だから車乗らないでタクシーで行こうかな」「暑いから秋までしばしお別れだぜ」みたいな。

これって、感覚狂ってる人たちからすると普通なんだけど、世間一般的には意味不明すぎる行動だと思うんです。
絶対分かってもらえない。

とくに車の方が何よりも優先順位と立場が上っていうのは、奥さん彼女から怒られる理由の大きなものを占めるでしょうね。

それでも、どんなに不便でも……ハンドルを握ったときのアドレナリンの出がおかしいからこそ、
あるいは、見た目だけで人の本能を狂わせる極上の美女のように、デザインが秀逸だからこそ、許されてしまう。

車ってつくづく不思議だなーと思います。少なくとも、家に突然フェラーリが来るまではこういう感覚ってそこまで分からなかったから。空冷は未体験なので語れないけど、最新型のポルシェだったらほんと不自由を感じないし。

フェラーリのファクトリーツアーの話

ferrari-298454_1280

そういえば、ダンナの誤読のせいで私に誤情報が伝わっていたのですが、マラネロのフェラーリファクトリーツアーは「日本語ガイド付き」込みの値段だったらしいです。道理で妙に高いと思った……(爆)。

せっかく必死に英語勉強したのに、なんだったんだー!!!とショック半分、嬉しさ半分。
まあ、ほっとしたのが本音ですが(汗)。

引き続きイタリア予習中です。このフィガロ ヴォヤージュのミラノ、ヴェネツィア編読んでたら

モデナに2年連続世界2位になったレストランがあるらしく超気になっているのです。が、定休日とこちらの行動が
うまく合わなそうで涙を飲んで諦めることになりそう。。。雑誌に載ってた「うなぎのラヴィオリ」とか超美味しそうだったのに!

今回、どうしてもトリュフ狩りをしてみたくて
ダンナに「ヴェネツィアは老後でも電車でいくらでも行けるだろうから今回はド山奥に行く」といって
無理やりピエモンテ州の滞在期間を多めにとったので、無理だー。。。2泊からしか泊まれないアグリツーリズモも断念したし
行きたいスポットがありすぎて行く前からすでに再訪したくなってるイタリアですが
旅行って準備が一番楽しかったりしますよね。

そんなわけで英語は必須じゃなくなったけど、助手席のミラーは(詳細こちら)エンジンが見えるように作ってるのか?
など聞きたいことが沢山あるので、やっぱりちゃんと勉強しておきたいと思います。

↓こんな本も見つけてポチったので、まだ届いてないけど

日本語カーナビで行く ヨーロッパ・レンタカー旅行完全ガイド イタリア編

この1ヶ月で60回以上オンライン英会話受けてたら、テレビなどで聞く英語の聞き取り力が明らかに
アップしててちょっと感動しました。イタリア行きまでに詰め込んだらどこまで英語力上がるかな。あー楽しみ!

↓どこのオンライン英会話?と聞かれるのでお答えするとDMM英会話です。ネイティブプランも受けてみたけど、発音、教え方ともにあまり違いを感じなかったので非ネイティブの安いプランで十分!使えます。無料レッスン受けてもとくにしつこくメールきたりもしないのでホントにオススメ。
英会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

良かったらこちらもどうぞ

最近毎日オンライン英会話受けてます

英会話
他のレッスンも試したけど、値段、教材、時間帯、サポート比較したなかでDMM英会話のクオリティがダントツにいい。楽しいから毎日最低2回受けてます!

ページ上部へ戻る