ポルシェGT3RSのリコール問題

315日に国土交通省から発表されたGT3RSのリコール。

この部分にタイヤが当たる問題です。

※追記 こちらのリコールに関しては対応しないと車検通らないように決まったみたいです。

ダンナは「まさか自分の車がリコール対象になるって面白いな」と笑ってましたが、すでにだいぶ前からこの話はGT3RSオーナーのなかではわりと有名だったのだとか。

 

ダンナもサーキットで内側にハンドルを切った時にタイヤが周りのボディに当たってる感じがしてたというのは感じてたけど、そんなにあの車でサーキット攻めてないからそこまで気になってなかった、とのこと。

公道でしか乗らないなら気にならないんじゃ?という感じなので(たしかに私は公道でしかRSに乗ってないので気付いてなかった!)

サーキットでガンガン走ってる方の話だと、去年からその話は出てて、当たらないように中のハウジングライナーの部分を取り外してしまって走っていたそうです。

ただ、当たらないようにパーツを変更した場合タイヤの横幅を265から245に変更した場合、もともとのベストなセッティングから変わってしまうのでは?

という不安も。

ファッションで買うかサーキットガシガシ走るかでも違いそうですが、、、

これから中古で買われる方は

サーキット行かないなら交換済み車両が良くて

サーキットでガリガリ走るなら交換してない車両が良い、

という悩ましい状況になってしまうかもしれません。

* 対策実施車には、運転席ドアロックストライカー付近に外-2606のステッカーを貼り付けする

とのことなので、見たらすぐに分かりそうですね。

もともと相当値崩れしてる車なのでこのリコールでさらに値段が下がるってことは特になさそうな気もしますけど、果たして?

人気記事

人気記事

なぜ女は車に興味が無いのか

うちにフェラーリやってきた

ボクスタースパイダー納車

ポルシェの経費処理とさよなら997(涙)
このブログに初めて辿り着いた方は参考になると思うのでこちらをお読みください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿及びURLを含んだ投稿は自動で削除されるのでご注意ください。(スパム対策)

過去記事検索はこちらから

良かったらこちらもどうぞ

設立3年以内でも作れる法人ETCカード

ページ上部へ戻る