ポルシェのクラシックカーレースの応援に



ポルシェのクラシックカーだけが出る耐久レース「クラシックポルシェスポーツデー」があったので、お手伝い&応援に行ってきました。
夫も出ていたのですが、クラシックカーは持ってないので借り物で参加。
万が一動かなくなった場合に備えて私は911で行ったので車はバラバラで行きました。

ポルシェのクラシックカーたち

どーん、と揃うナローポルシェさんたち。今回のルールは2時間を最低2台で交替して走り、一番多く周を走ったチームが勝ちというもの。
一番古いもので1950年台のものから、発売時期などの基準によりハンデがあってクラスがいくつかに別れていました。

これだけの旧車がサーキットで走る機会はなかなかないですよね〜。
ポルシェのレースといえばアイドラーズのものが有名だと思うんですが、
クラシックカーの出るACCRのレースと全然違った感じで面白かったです。

なんというか、雰囲気が全く違ってて。
アイドラーズのほうはとにかく「スピード命!!」という感じで、荒っぽい雰囲気。事故もけっこう多いし、見ててハラハラする、“バトル”という言葉がぴったりな印象。

ACCRのほうは、、、「金持ちケンカせず」って言葉が頭にまず浮かびましたけど、見てて安心できるというか、誰もぶつけなさそうな穏やかな雰囲気。

皆さん運転が上手いですが、考えてみたらクラシックカーって「アガリの車」と言われるように新しいポルシェにはさんざん乗り倒して来た人が行き着くところなのだとしたらそりゃ運転や雰囲気もこなれてて当たり前なんでしょうね。スピードを追い求める人はまだこっちの世界には来ないでしょうし。だいたい、ぶつけちゃったらもう直せないかもしれない貴重な骨董品で走ってるような車体も多いわけで、新しい車が出るレースに比べたら雰囲気が全然違って当たり前か。

とはいえ、レースの結果はアイドラーズでも上位常連の方がやはり上位を占めていたそうです。
やっぱりポルシェのレースって裾野がめちゃ狭いんだろうなあ。

夫が参加を誘って頂いたIさんがシェフの方ごと連れてきていたキッチン&ご飯の準備がすごくて……
テーブルクロス敷いたり、お洒落なお皿を持ってくることでそこだけサーキットじゃないみたい雰囲気になってました!


カレーとスープ、コーヒーなどがめちゃめちゃ美味しかったデス。サーキットのご飯=美味しくないイメージを覆す至れりつくせりのおもてなし、ありがとうございました。
私もキッチン設備持ち込んでのサーキット料理、チャレンジしてみたいと思いつつ朝が弱すぎて全然準備できないなあ(汗)。

Iさんの356&専用運搬カー(色合いとかデザインとか普通の運搬用の車と違ってお洒落すぎ!)
も素敵すぎました^^

余談ですが、セブにいた間、全く運転する機会がなかったので久々に911を独りでがっつり運転しましたが
やっぱり良い車……。

加速のスムーズさ、視界の広さ、ハンドルの反応する感じ、運転していてストレスのなさ、車が小さい(というと語弊があるかもしれませんが)から取り回しに気を遣わなくていい点……やっぱり運転してて楽しいし疲れない車だなあと改めて思いました。私はやっぱり「最新(じゃないけど)のポルシェが最良のポルシェ」派かもしれませんw

「王様の耳はロバの耳!」って感じで…

日常生活で車の話題できないので、ブログに残しております♪
Twitter始めました。
インスタもひっそり

にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ

ランキング1位の人のナローポルシェ可愛いなー

人気記事

人気記事

なぜ女は車に興味が無いのか

うちにフェラーリやってきた

ボクスタースパイダー納車

ポルシェの経費処理とさよなら997(涙)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿及びURLを含んだ投稿は自動で削除されるのでご注意ください。(スパム対策)

過去記事検索はこちらから

良かったらこちらもどうぞ

設立3年以内でも作れる法人ETCカード

ページ上部へ戻る