アウディのドライビングスクールに参加

アウディのスクール

アウディのドライビングスクール

このブログに初めて辿り着いた方はこちらをお読みください
アウディの運転をする機会は減りつつも間もなくポルシェのGTSさんが納車されるにも関わらず、、、
車庫入れや運転が下手なのが悩みだったので、、、
ドライビングエクスペリエンス

富士スピードウェイで開催されたアウディ、ドライビングエクスペリエンス。
アウディのドライビングスクールに行ってみました。
10440679_857064224388626_803538939402017843_n

その名の通り、アウディの車を使っての運転体験とレッスンです。

内容としては、

1,座学で、感覚を頭に入れる
2,正しいシートポジションの確認
3,スラロームでタイヤの位置感覚を掴む
4,フルブレーキ、フル加速の感覚

などなど。個人的には、正しいシートポジションの説明がとっても参考になりました。
正しいシートポジション

いつもなんか肘が疲れるなあ〜って思っていたのですが、
「ハンドルを回転する時に、手の平で押せるように」という説明が分かりやすくて納得しやすくて。

その他、

■椅子の高さは、天井から頭はこぶし1個分くらいにあげる。
■お尻と背もたれの隙間がないようにする。
■ブレーキ踏んでも膝の下に隙間があるようにする。ないとお尻が浮いて危ない。
■背中はシートに肩甲骨が付くように。
■ステアリングはアーチにあわせて。
■ハンドルは低めがいい。
■ヘッドレストの高さと頭の高さをあわせる
■シートベルトは肩の真ん中。
■教習所で10時10分の位置と習ったハンドル。今のグローバルスタンダードは
9時3時に。くぼみに親指をかける。
ハンドルは手のひらの下の方で
180度ずつハンドルまわす。親指はぐっと回す時はかけない。

などのポイントを教えて頂きました。
11407148_857064234388625_893597930656454684_n
あとは、、、
散水車で路面が濡れた状態を作っていて頂いたのですが、よくも悪くもクアトロの安定感がすごすぎて全然横滑りしなかったのが印象的、、、!

ただ、散々うちのダンナのポルシェのドライビングスクールに付き添いで参加していて
猛加速→フルブレーキは見慣れていたのですがあれに比べると、、、

アウディのA6とA5、、、

(加速遅!)

(ブレーキ遅)

と思ってしまって、このスピードで全開でブレーキしてもガリガリ言わないし
なんか普通だな〜と思ってしまったのです。。。

きっと、感覚がおかしくなってるんだろうなあ><

アウディ お土産

総括

金額で比較しちゃうのは下世話だと思うのですが、ポルシェのスクールの1/5くらいのお値段で
割りと豪華なご飯もついてて、、、お土産までついててアンケートにも思わず「安すぎると思います」ッて書いちゃったくらいお得感のある内容でした。

ビュッフェ、バフェ

ダンナがぼそっと「これなら大磯のレッスンいかなくても事足りるね!」とニヤッとしていたのが
なんかムカついたのですが、、、(苦笑)*過去記事こちら→(ポルシェ ウォームアップ)(ポルシェのドライビングスクール)(ポルシェのブレーキ

といっても、ここ1ヶ月で3桁万円くらい運転技術向上につぎ込んでいた風のダンナを見ていたら安く見えるように目がおかしくなっているだけで、普通の女性なら行かないかも、、、

私も徐々に洗脳されてるのかなっ><

あ〜あ。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

良かったらこちらもどうぞ

最近毎日オンライン英会話受けてます

英会話
他のレッスンも試したけど、値段、教材、時間帯、サポート比較したなかでDMM英会話のクオリティがダントツにいい。楽しいから毎日最低2回受けてます!

ページ上部へ戻る